月別アーカイブ: 2014年6月

朝から散歩とかしちゃったりして

挨拶回りも落ち着いてきやして、前座の頃に憧れていた生活にシフトチェンジしていっておりやす。うっす。

13日
上野広小路亭にて立川夜席。昇進後初。
「かぼちゃや」を勉強させて頂いた。
羽織脱ぐのに少しずつ慣れてきたよー!

14日
昼は高円寺での勉強会、談笑の弟子!!
仲入り前で「化け物使い」を演らせて頂いた。
2年前にネタおろししたこの噺が近頃少しずつ変わってきた。良いこと。
夜は上野広小路亭にて立川流夜席。先輩方に昇進のご挨拶。

15日
夜は下北沢にて談四楼師匠の独演会。
3本目に上がって「元犬」を勉強させて頂いた。
この会に使って頂くのは今回で通算10回目!!
一回目に使って頂いた時に談四楼師匠から「この会では好きな様に演って良いんだよ」と言ってもらえた事もあり、二回目以降は本当に好き放題に演らせて頂いた。
今回の「元犬」もそう。

いつか僕が真打ちになって独演会で前座を使う時、談四楼師匠みたいに「好きに演って良いんだよ」って言いたいな。でも多分、「お願いだから邪魔しないで」って言うんだろうな。

そんな3日間。

立川笑二

当然だけどアドレス帳で一番多いのは「タ行」

毎日先輩方にご挨拶の電話を掛けたりお礼の電話を掛けたり。留守番メッセージの残し方が凄く上達している。と思う。

10日
昼は琉球新報東京支社で取材をして頂いた。
ふふふ。
夜は志らく師匠の独演会に伺い、昇進のご挨拶をさせて頂いた後、袖から勉強させて頂いた。

11日
夜は日暮里サニーホールコンサートサロンでの日暮里特撰落語会に伺い、談幸師、吉窓師、小文治師に昇進のご挨拶をさせて頂いた。
笑笑が楽屋で働いているのをみて、僕は本当に昇進したんだなぁ。と。
二つ目として扱って頂けることには当分慣れないんだろうな。

12日
色々と考えを巡らせた結果、基本的に1日中ボンヤリ。
下手な考え休むに似たり。
うーーーん。

そんな3日間。

まとめて更新する癖良くないっすよね

雨が降る度に仕方なくカラオケへ行く日々。
やっとネットカフェ地獄が終わったと思ったのに。。。

7日
結婚披露宴と、その二次会の司会。
前日に台本を書き上げたので、なにも問題ないと思っていたが、台本があったことでそれに縛られて身動きが取れなくなるという状況に。なにやってんだか。進行表の紙一枚だけで行った二次会の司会の方がずっとスムーズにやれた。
あと、その日、披露宴で読み上げた祝電7本、もれなく噛んだ。
逆に失礼がないよね。逆にね。はぁ…。

8日
昼は西麻布の飲み屋さんで落語会。
「持参金」を演らせて頂いた。
夜は北沢タウンホールへ伺い、3日の立川笑二二つ目昇進記念独演会の精算。
おかげさまで赤字にはならなかったよー!やったー!やったー!

9日
道楽亭で遊里兄さんとの二人会。
「かぼちゃや」と「天狗裁き」を演らせて頂いた。
お客様から袴姿が似合ってると言ってもらえたが、やはり座った時に違和感がある。
慣れなんだろうけども、基本的には羽織スタイルでいこうと思っているからしばらくは慣れないんだろうな。なんて事を思ったり、思ったり。

そんな3日間。

くるくるくるくる

なんだかんだで、昇進前より今の方がずっと忙しい。今月いっぱいはこんな感じなんだろうな。

4日
昇進記念独演会の後、朝の6時まで吉笑兄さんと飲んでいたため11時に起床。
携帯をみるとWebサイトのヒビレポで私の事を連載して下さっている島田十万さんから大量のメール。
しまった!
10時30分から打ち合わせの約束をしていたのだった。
大急ぎで身支度を済ませて待ち合わせ場所へ。
やっちまったなぁ。

昼過ぎからは高円寺で、那覇市内にあるホールの副館長さんと9月に沖縄で行う会の打ち合わせ。
副館長さんは前日にあった私の昇進記念独演会にもいらっしゃっていて、その感想を色々と聞かせて頂いた。
恐縮するぐらい褒めて頂き、ふふふふふとなった。ふふふ。
9月の沖縄での会、楽しみだなー!

夜は昇進の会のために沖縄から来てくれていた、母、伯母、従兄弟のお姉さんの3人と一緒にご飯。
そういえば兄弟以外の身内の前でお酒を飲むのは初めてだ。
前日の会の感想を聞くと、母は、終演後のロビーでこはる姐さんとツーショットの写真を撮った瞬間が一番嬉しかったらしい。

5日
朝、高円寺で志ぃさー(元・藤木勇人)さんにお会いし、志ぃさーさんがやっている沖縄のラジオ番組に呼んで頂いた。県外で活躍している沖縄県民に志ぃさーさんがインタビューするという枠のコーナーの収録。
いつかお会いしたいと思っていた志ぃさーさんにこんなに早くお会い出来ると思わなかったし、ましてや一緒に仕事させて頂けるとは!感慨深かった。

6日
翌日が結婚披露宴の司会が入っていたため、朝から台本作り。
夜は師匠にお会いし、その後、高円寺に戻って再び台本作り。

そんな3日間。

立川笑二二つ目昇進記念独演会

この度は立川笑二二つ目昇進記念独演会にご来場頂きありがとうございました!

6月1日付けで昇進し、3日にこの披露目の会ということで会の当日のギリギリまで事務作業等々でバタバタしており、自分史上最大かつ最重要となった落語会なのにも関わらず、当日は十分に稽古をする事も出来ませんでした。
ただ、「披露目の会の当日は落語どころじゃない」という話は常々先輩方から聞いていたのでそうなるつもりで準備していたのと、客席から温かかく迎えて下さったお客様のおかげで私としてはとても満足のいく落語を演る事が出来ました!本当に感謝感謝です!

今回は以下の様な番組となりました。

「真田小僧」笑二
「大工調べ・序」笑二
仲入り
「弥次郎」笑二
「子別れ・昭和編」談笑

私の持ちネタの中ではそれぞれ方向性の違う3席を演ることで、現時点での私が演れる幅の最大を観てもらいたかったという気持ちと、この3席で駄目だったら諦められる(笑)という気持ちから選んだ3席です。

「真田小僧」は前座生活1年目(2012年の4月頃)にネタおろしした噺。
少しメタ要素が入っていてあざとい噺になっていますが、初めて落語で芯を食ってウケたという感覚を味わう事が出来たのはこの噺が初めてで、前座期間中とても重宝した思い入れのある噺でしたので、1席目に演らせて頂きました。

「大工調べ・序」は前座生活2年目(2013年の1月頃)にネタおろしした噺。
他の2席とは違い【大ネタ】に部類される噺のため回数こそあまり演っていませんが、憧れの江戸っ子が出てくる大好きな噺で、将来的にはこういった噺で評価してもらえる様な芸人になりたいという意思表明として2席目にこの噺を演らせて頂きました。
ただ、まだまだ私が訛っているため、聴き所とされている啖呵は毎回あんな感じになってしまいます。
なのでそこを私は開き直って、啖呵の部分は棟梁がとても怒っているんだという事が伝わればいいやというぐらいの感覚で今は演っています(笑)
オウム返しなんだから、与太郎で頑張れば良いやという(笑)
ゆくゆくはキレキレの江戸弁をマスターしたいと思っていますので悪しからず。

「弥次郎」は前座生活3年目(2013年8月頃)にネタおろしした噺。
『私も談笑の弟子なんですよ!』という気持ちと『沖縄出身者ですよ!』の気持ちをいっぱい詰め込んだらあんな噺になってしまいました(笑)
ちなみに、私自身にそれほど強い思想はありませんので。念のため。
この噺を3席目に選んだのも上記の気持ちからです。

当日のお客様のテンションが本当に高くて1席目のマクラを喋っている時に『最後まで持たないんじゃないか』と少し不安になりましたが、そこから幕が下りるまでずっと高いテンションのままで聴いて下さっていて、私としてはとても気持ちの良い時間を過ごす事が出来ました!

お蔭様で、二つ目としてこれ以上ない様な良いスタートを切ることが出来たと思います!
落語会によっては師匠でさえ若手と呼ばれる事があるほど果てしなく長い落語家生活ですが、この世界で生きていけるように前進して行きたいと思います。

今後ともよろしくお願い致します!

立川笑二

追伸
当日、記念品としてお配りしたCDは30年後ぐらいに聴くのが一番楽しめる方法だと思いますので、皆さん、どうか長生きして下さい。