月別アーカイブ: 2014年12月

両足ぼきーっ

『付き馬』で「ナカ」とか「早桶」とか当たり前の様に出てくるけど、そんな単語の意味、落語家になる前は知らなかったと思う。「大門」も。知識がなさすぎだというのもあるけど、意外とそんなもんだよね?このブログ読んでる方に問いかけてもしょうがないけど。
どこまで寄せるべきなのかしら。んー。

昨日は8時頃に起床。
ネットカフェで事務作業をやっつけた後、雨が降っていたのでカラオケを二軒はしご。
夜は、談笑一門の忘年会。
帰宅後、映画『ミザリー』を。
面白かったー。
今更も今更だけど、スティーヴン・キングすげー。名作と呼ばれてるもの以外も漁ろう。原作も。
そんな1日。

次のお喋り
01月01日(木・祝)
・「稲荷町なまらく亭 初席」
 一部・14:00開演(13:30開場)
 二部・16:00開演(15:30開場)
 春風亭正太郎,古今亭志ん吉,立川笑二
 (所)台東区東上野5-4-19 佐藤第一ビル2階
 1,000円※入れ替え制・定員15人

珍しくバスで移動中

『付き馬』に色んなものを放り込んでたら50分の噺になってた。
説得力が無いなら手数でという発想から。
せめて30分以内にしないと他で使えないから泣く泣く添削作業。 自分の会の為だけの噺は現時点では必要ない。
費用対効果を考えないギャグの作り方をしたら抜けなくなるから困る。んー。

昨日は9時頃に起床。
だらだらした後、亀戸で公園探し。
駅から20分ほど歩いた場所に先日とは別の素晴らしい公園を見つけた。
凄いぞ亀戸(住所はもはや亀戸じゃない場所だけど)。
この日も7時間ほどその公園で過ごしたが全く問題なし。
いいねー。引っ越し楽しみねー。
夜は急遽中野で忘年会。A太郎兄さんに初めてお会いした。ちょうど一回り歳上だそう。並んだら年齢だけは同じにみえるだろうなー。
そんな1日。

次のお喋り
01月01日(木・祝)
・「稲荷町なまらく亭 初席」
 一部・14:00開演(13:30開場)
 二部・16:00開演(15:30開場)
 春風亭正太郎,古今亭志ん吉,立川笑二
 (所)台東区東上野5-4-19 佐藤第一ビル2階
 1,000円※入れ替え制・定員15人

あたたたあたたたあたたたあたたた

色んな方の『付き馬』をCDで聴いているが、今のところ全てマクラの時点で客が引っ掛けるという事を説明して入ってる。
この補助線がある事で聴きやすくなるけど、勿体無い気もする。どうしようかしらん。

昨日は7時前に起床。
太陽がビル群から出てくる様は絶景かな!
手拭いが届くまで部屋でごろごろ。
新年の手拭いはデザインそのままで配色を変えてみたのだけど、これが大当たり!
デザインの段階でミスってたと思ってたけど濃い色と淡い色を入れ替えただけでこれ程見え方が変わるとは思わなかった。やったーやったー。
その後は夕方まで公園。
夜は道楽亭。仕事納め。
『弥次郎』か『元犬』の予定だったけど時間がたっぷりあったので、天どん師匠のヒザで『宿屋の富』。
おめでたく仕事納め。
終演後の打ち上げも楽しくお開き。
帰宅後、DVDを観ながら寝落ち。
3枚借りたDVDを全部外すのも珍しい。
そんな1日。

次のお喋り
01月01日(木・祝)
・「稲荷町なまらく亭 初席」
 一部・14:00開演(13:30開場)
 二部・16:00開演(15:30開場)
 春風亭正太郎,古今亭志ん吉,立川笑二
 (所)台東区東上野5-4-19 佐藤第一ビル2階
 1,000円※入れ替え制・定員15人

仕事納め!

『付き馬』で客と店の者のパワーバランスを五分五分にするか10ゼロにするかで悩み中。五分五分の方が初めて聴く人は楽しめるはずなんだけど、駆け引きやってたら早桶屋につくまで引っ張れる自信無いなー。
追い付け実力!

昨日は8時頃に起床。
ネットカフェで雑用を済ませて亀戸へ。
3月頃に引っ越すので引越し先を探すため。
重要な時間は公園で過ごす時間なので公園をメインで探してたら、かなり理想に近い公園があった!
Wi-Fiが飛んでたら満点つけても良いぐらい。そんな公園、多分ないけど。
結局、昨日はその公園で8時間過ごしたけど全く問題なし。
休日の昼の様子をみて問題なければこの辺りに住みたいなー。
うっしっしっ。
そんな1日。

今日のお喋り
12月27日(土)
・「年忘れ 道楽亭若手落語家まつり「三夜連続で忘年会!」」(三日目)
 19:00開演(18:30開場)
 三遊亭天どん,古今亭志ん八,立川笑二,快楽亭ブラ坊
 新宿・道楽亭

やどがえ

昨日は8時頃に起床。
だらだらした後、公園へ。
『付き馬』初稽古。どんな噺でも初稽古の日はとにかく台本を読みながら台詞を叩き込むという事をしないといけないので書き起こし作業と同じぐらいに億劫。
台詞を覚えた2日目から10日目ぐらいが色々と思い付いた要素を足したり引いたりする稽古になるから割りと楽しい。
10日目以降は固めていく稽古になるから精錬されていく時間でこれまた楽しい。
なんにせよ、初日というのだけは億劫で仕方ない。
昨日もそんな時間を過ごしていたのだけど、主人公のパァパァパァパァ吹いてるだけの台詞は意外と演ってて気持ちが良い事が分かった。
好きなものとお客様の反応が合致するとは限らないけど、この解答が正解だったら広がるねー。楽しみねー。

と、ここまで書いて気付いたけど持ちネタに『弥次郎』があったや。もっとも、こっちは魂胆のない奴が隠居さんの煽りを受けながら吹くカタチだから聴きやすいのだけど、意外と一人でも噺を引っ張れるかも。
あぁ『化物使い』もあるや。
そのうち太鼓持ち演ろー。

それはさておき、『付き馬』は1月11日の勉強会に余裕で間に合いそうな感触だったので一安心。
笑顔のままで圧迫感を出し切れる様に演れたら理想だなー。

夜は部屋で地図を見ては引越し先を考えたり、映画を見て寝たり、起きて本を読んだり。
そんな1日。

次のお喋り
12月27日(土)
・「年忘れ 道楽亭若手落語家まつり「三夜連続で忘年会!」」(三日目)
 19:00開演(18:30開場)
 三遊亭天どん,古今亭志ん八,立川笑二,快楽亭ブラ坊
 新宿・道楽亭

メリークリスマス

ウォークマンの調子が悪い!
早急にバックアップ取らないとなー。
面倒くさいなー。ブツは要らないからサンタさんやってくれないかしら。

昨日は8時頃に起床。
だらだらと書き起こし作業。『付き馬』書き起こし完了。25分ぐらいの音源だけど、台詞量は40分ある『五貫裁き』と同じぐらい。
私の口調でこの量を25分で捌けるのかしら。
昼からは公園。
夕方からは毎年恒例の師匠のお宅でのクリスマスパーティ。
去年のクリスマスパーティで昇進の内定を頂いた。あれから1年。あんまり早くは感じない。今年は濃い1年だったのね。
昨日は体調が良かったのか、お酒を飲むペースが全く落ちなかった。多分、今年最高の飲酒量。
飲んだー!でも、今、二日酔いしてないー!わーい!

そんな1日。

次のお喋り
12月27日(土)
・「年忘れ 道楽亭若手落語家まつり「三夜連続で忘年会!」」(三日目)
 19:00開演(18:30開場)
 三遊亭天どん,古今亭志ん八,立川笑二,快楽亭ブラ坊
 新宿・道楽亭

意外と豆腐メンタルですよ

昨日の沖縄タイムスと琉球新報の朝刊に私に関する記事が載っておりまーす!
手元にある方はぜーひ!ひー!ひー!

昨日は10時頃に起床。
前日までの4日間、毎日取材があったので少し疲れてた。変に色がつくと後々しんどくなるのは大阪で学んでいたのでなるべく自然体で居ようとは思っていたけどカメラ回るとどうしたって気が張る。
ありがたいのですけどねー。
編集頑張って下さーい。

だらだらした後、夕方まで公園。
春も近いし主に『宿屋の富』のおさらい。
おめでたい噺はやってて気持ちが良いねー。
夕方からは夜までは部屋で『付き馬』の書き起こし作業。1月11日の勉強会に間に合うかなー。かなり微妙。勉強会が終ったら冬休みやろう。
真夜中は写真BAR白&黒へ。
ツイッターで嫌なツイートを見てしまい憤怒。なんのためのアンケートなんだよー。守るものが無い人は怖いよー。私刑。

そんな1日。

次のお喋り
12月27日(土)
・「年忘れ 道楽亭若手落語家まつり「三夜連続で忘年会!」」(三日目)
 19:00開演(18:30開場)
 三遊亭天どん,古今亭志ん八,立川笑二,快楽亭ブラ坊
 新宿・道楽亭

2014立川笑二独演会 冬

21日の今年最後の独演会にご来場頂きありがとうございました!
『鮫講釈』『五貫裁き』『鼠穴』
の3席を演らせて頂きました。

『鮫講釈』は最近、連投している噺。
お聴きになった通り、飛び道具化してしまいましたが後半にアレがある事で講釈を演る事に驚かなくなりましたし、勝負出来る噺になりました。
ゆくゆくはアレの部分を抜いて勝負出来れば格好いいなとは思いますが、アレの部分が気に入ってたりするので当分はアレの演り方になるお思います。

『五感裁き』はネタおろし。
『一文惜しみ』のカタチよりも私はあの演り方が好きなので五感裁き。
私にしては珍しくアドリブの部分があったりで、かなり楽しく演る事が出来ました。
お客様の意見と一致するのかどうか分かりませんが今年のベストパフォーマンスだったのではないかと思います。

『鼠穴』はネタおろしからそこそこ変わりまして、あの演り方になりました。
兄貴は良い人ではないという考えで演っています。
かなり集中して演る事が出来て、手応えが無い訳でもなかったのですがこの手の噺はたまに演るぐらいで良いかなと思っています。
来年からは少しずつ人情噺と呼ばれる噺にも手を出していこうとは思っていますがそれは表現のチャンネルを増やすための手段という意味合いが強いです。
でも、そういうネタを演る時は事前にネタ出ししますのでご心配なく。

そして、毎度毎度、独演会のネタが多過ぎるの大き過ぎるのとおっしゃるお客様がいらっしゃって、そうなる事を暗示するための今回の『鼠穴』のネタ出しでもあったのですが分かってもらえてはいなかったようです。
お互いの幸せの為にここで宣言しておきますが、私の独演会は来年以降も大ネタ尽くしだったり多く演ったりしますので、それを理解した上でご来場下さい。

それはともかく、今回の独演会は私自身も楽しんで演る事が出来ました。
乗せて下さったお客さまのおかげです。
来年以降も立川笑二独演会をよろしくお願い致します!

立川笑二

開演前

昨日は9時頃に起床。ひとしきりボケーッとしたあと夜まで公園へ。
夜は、東高円寺の笑やさんで五派の会。
公園から徒歩5分の私に優しい立地の会場。
開口一番で『弥次郎』を演らせて頂いた。
終演後、花いち兄さんに晩御飯をご馳走になって帰宅。
帰宅後、翌日(今日)の談笑一門会で配布するチラシ折り込みをしなくちゃいけないなーと思いながらゴロゴロしてたら寝落ち。
4時頃に目を覚まして吉笑兄さんとチラシの折り込み。
兄さんに悪いことしちゃったな。
そんな1日。

12月19日(金)
・「立川談笑一門会」
 19:00開演(18:30開場)
 立川談笑,立川吉笑,立川笑二,立川笑笑
 (所)吉祥寺・武蔵野公会堂
 2,500円(当日券のみ)